不妊の原因は?

不妊の原因は?不妊の原因は、
・女性の側の原因
・男性の側の原因
・男女共通の原因
があり、その中でも様々なものがあげられます。

不妊というと女性のイメージも強いですが、最近は男性が原因のことも増えている傾向にあります。

表を見てわかるとおり、夫側にもかなりの割合で不妊原因があります。
しかし、この不妊原因の割合がどうであれ、またどちらに原因があるにせよ、治療する医療側としてはご夫婦を一組として考えております。

ですから、どちらに原因があっても夫婦で取り組むことがとても大切です。

▼卵管の問題

卵子が子宮に向かう途中に通るチューブを卵管といいます。
この通り道が狭まってしまったり、つまってしまうと、待ち合わせ場所まで精子が辿り着けなくなってしまいます。

▼排卵の問題

ダイエット・ストレス・その他の病気などが原因で、卵子の発育がうまくいかず途中で成長が止まってしまい、きちんと排卵ができていないことがあります。

▼子宮の問題

子宮の形が変形していたり、内側に筋腫やポリープなどが見つかることがあります。
(これらの症状をかかえながら治療を受け、妊娠されている方もおられます。)

▼頸管の問題

精子が、卵子に出会うために1番最初に通過する場所を「頸管」といいます。
この頸管にばい菌がつくなどして精子が子宮に入れなくなってしまう場合があります。

▼精子を作る働きの問題

血のめぐりが悪くなったり、染色体に異常があったりすると精子を作る働きが弱くなってしまいます。

▼精子の通り道の問題

精子が通る道がつまったりしてしまうと、精子が外に出られない事があります。

▼射精の問題

精子の通り道に問題がなくても、ストレスなどが原因で、精子を外に出せない状態になってしまうことがあります。(インポテンツ、逆行性射精など)

▼原因不明不妊

不妊症の検査を一通り行っても、全ての検査に異常がない例も少なくありません。

これを原因不明不妊 -unexplained infertility-(説明不能な不妊)といいます。
この中には今後原因が明らかになるものもあると思われます。

不妊について

当院の不妊治療は東洋医学をベースに行っております。
女性が妊娠するには、体力(元気)が必要です。
若い時は体力があり、妊娠する力も十分にあります。
そして、多少なりとも無理をしても、自分で回復する力(自然治癒力)をもっています。

ですが、年齢とともに少しずつその自然治癒力は低下してしまいます。ここに、冷えや仕事、人間関係によるストレスが加わることで、さらに元気を失い、ホルモンバランスの崩れ、自律神経の乱れ、子宮、卵巣などの生殖機能の衰えが生じていくのです。

気付かないうちに妊娠しにくい体質になってしまったあなたの体。
その生活や体を改善することで、自然と妊娠しやすい体質へと変ってゆくのです。
その手段のひとつが私たちの行っている不妊鍼灸です。

不妊鍼灸について

【住  所】〒564-0051 大阪府吹田市豊津町11-37 真建ビル3F
【アクセス】大阪地下鉄「江坂駅」 徒歩3分


インターネット割引

メールお問い合わせ