【ワンダーボックス】新しい教育サービスのお得なキャンペーン情報を教えます

新型コロナウイルスで世界は大変なことになってしまいました。

そんな中、自宅待機の子供達に楽しみながら学ばせることができれば。

 

そこで注目されているのが「ワンダーボックス」。

今であった通信教材と全く違った4月にスタートす教育サービスです。

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育



【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育

・子どものためになる習い事や教材を探している

・今やっている通信教育に不満がある

・通信教育をやっていたが子どもが飽きてやめてしまった

これらを考えているパパやママにおすすめなのがワンダーボックスです。

ワンダー(wonder)とは「感じて、考え、作り出す」体験。

 

感じる(感性、興味、好奇心)
考える(知性、思考力)
作り出す(創造性、想像力、発想力)
学ぶ力は、「意欲」「思考力」「知識・スキル」の「かけ算」

本人の学習意欲無くしては、どんなにすごい参考書を読んでも、そこに書かれている以上のことは身につかない。

幼少期(4〜10歳)は特に、学ぶ力の基盤となるものを身につけるための、目の前の課題に興味を示し楽しく没頭することが重要
学ぶことの意欲が伸びることで、その後の学びが、何倍も効果的なものになっていきます。

ワンダーボックスのパッケージ

アプリとキットの組み合わせがワンダーボックスの魅力。

アプリ

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育5

プログラミングをはじめとした、デジタルならではの教材をたくさん収録しています。

 

毎回変化があり、月の途中でもアップデートが行われ子供の「わくわく」を持続。

家庭のタブレットやスマートフォンが必要になります。

 

キット

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育7

自分自身で問題を作る「作問」ワークブックや、実際に手を動かして表現力や創造力を伸ばすキットを厳選。

箱自体に仕掛けがたくさんあります。

アプリ✖️キット

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育6

創作物をアプリで見せ合うことで、創造性が広がり新しい視点が生まれます。

アプリで出題される問題を、現実で探すことによってさらに有効な効果を引き出します。



ワンダーボックスの3つの新しい教育

3つの「新しい教育」で、未来のための感性や思考力がバランスよく育ちます。

1、注目のSTEAM教育分野

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育4

STEAMとは、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の頭文字をつなげた造語、この5つに重点をおいた教育です。

 

アメリカで広がった教育で、日本でも文部科学省が「思考の基盤となるSTEAM教育をすべての生徒に学ばせる必要がある」と提言しました。

プログラミング教育の必修化をかわきりに、導入が進んでいきます。

 

近い将来、多くの職業がロボットに取って変わられる。

STEAM教育はそんな時代に、自分で興味のあることを見つけて取り組み、次世代の教育として注目を集めています。

 

2、デジタルとアナログのハイブリッド

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育2

毎月届くアナログのキットと、毎週新しい変化があるアナログのアプリで、好奇心を掻き立てるよう設計されています。

 

アプリは、月の合間にも、アップデートされテーマやルールが追加、適度な学びのリズムを生み出していきます。

これができるのは、デジタルならでは。

 

アナログとデジタルどちらにも、メリットがあり、それを上手く組み合わせることによってより素晴らしいものになっていきます。

 

3、教育のプロチームの経験や知見を凝縮

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育3

ワンダーボックスを制作した教育コンテンツのプロチーム「ワンダーラボ」。

世界150ヶ国に100万ユーザーを持ち、IQ、学力を伸ばす効果があることが、実証実験によって確認された思考力育成アプリ「シンクシンク」を制作しました。

ワンダーボックスには、シンクシンクから厳選したコンテンツも多数収録。

実際に運用された実績に基づく教材だから、子どもの知性や感性が自然に伸びます。

 

「シンクシンク」を用いてカンボジアで行った実証実験では、シンクシンクを毎日実施した集団は、そうでない層と比べて、IQテストや学力テストの結果が顕著に伸びました。この調査は、慶應義塾大学の中室牧子研究室、JICA(国際協力機構)との合同で実施され、論文としても公表されています。

ワンダーボックスの料金

月々払い
4月30日まで3%OFFの4,080円/月6ヶ月一括
4月30日まで3%OFFの3,880円/月12ヶ月一括
4月30日まで3%OFFの3,590円/月

※6ヶ月一括払いや12ヶ月一括払いで途中解約をしたい場合は月払いをしたものとして残りの過払金が返金されます。

 

兄弟の追加は一人追加ごとに1,850円/月
また、お得な紹介制度があり、友達紹介で図書カード500円プレゼント、さらに紹介された友達は実質初月無料になります



ワンダーボックスのコンテンツ紹介

一部抜粋します

ジュニアランド

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育17

動物達の世界に隠された、様々な思考力問題にチャレンジ。

 

ずっこけびじゅつかん

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育16

自由な発想で「2コマ漫画」のオチを描く。想像力は無限大。

 

バベンロン+

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育15

どんどん難しくなる問題に挑み、バベロンの塔を完成させます。

 

コードクラフターズ

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育14

プログラミング思考と、それを活かす表現力が自然に身につきます。

 

ハテニャンのパズルノート

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育13

思考力ワークブックで、自ら問題を生み出す楽しさに目覚めます。

 

Think!Think!+

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育12

思考力アプリ「シンクシンク」から厳選した良問に挑戦。

 

アトラニアス

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育11

これが解けたら天才!?算数オリンピックレベルの難問に挑戦。

 

たいせん!ボードゲーム

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育8

オリジナルのボードゲームで、思考力の真剣勝負。

 

ジャイピー

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育10

リアルとデジタルをミックスした様々なトイ教材で感性が育ます。

 

ミッションハンター

【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育9

謎の組織のボスから送られる様々なミッションをクリア。

 

最後に

新しい通信教材ワンダーボックスは「子供が飽きずに楽しく学べる」そんな画期的なサービスです。

今後、世の中がどうなっていくかわかりません。

 

長期戦は覚悟しなければいけないこの時期に、ワンダーボックスは子供達にとってとてもいい効果をもたらすのではないでしょうか。

ここまで読んでいただきありがとうございました。



【2020年最新知育アプリ】ワンダーボックスはタブレットやスマホで通信教育
タイトルとURLをコピーしました